おなかすっきり心すっきり

新緑の季節。山や街路樹の緑が眩しいくらいに綺麗だ。今朝は鶯なんかの声が聞こえてきて、この時期にも鳴くんだなと思った。
スーパーに新生姜が並び始めた。甘酢漬けは今年はどれくらいできるだろう。
食パンにマヨネーズを塗り、サラダ菜、海苔、スライスチーズ、新生姜の甘酢漬け、そしてまたマヨネーズを塗った食パンをのせる。所謂サンドイッチ、がなかなか美味しくて結構な頻度で作っている。
新生姜の甘酢漬け、作らないとな。


「おなかすっきり心すっきり 腹横筋を使ったお通じ改善法」 荒木隆次 著

お通じがないとなんだかすっきりしない。食べ物、水分、整腸剤、運動がいまいち効かないときの最終手段は呼吸法かもしれない。個人差はあるけれど。私は朝晩やっていて、何処でもできるそうだが、外ですると、トイレに困るのでお家だけにしている。毎晩測っている体重に効果があったので、やっぱり呼吸って大事なのだなあと思った。

おきなぐさ

夫がカフェへ連れていってくれた。
繁華街まで出た。
ケーキと紅茶、美味しかった。
ぶらぶら大丸へ寄って、別行動の間に夫が551で豚まんと肉団子を買っていた。
夜ご飯で食べることにする。
LINEから送ってもらったケーキの写真。
f:id:citrus777:20180521124835j:plain


「おきなぐさ」 宮沢賢治 著

山男さえも魅了する不思議な花。ありんこが語っているところが好き。

おきなぐさ
おきなぐさ

猫の事務所

マドレーヌを作った。砂糖とバターを少なめで。
マドレーヌの材料は、小麦粉、砂糖、卵、バター。
量は全て同量で卵の量を計り後は同じ量にする。混ぜ合わせるのは小麦粉から順通りに、最後に混ぜ合わせるバターは溶かしバター。180℃のオーブンで約15分。


「猫の事務所」 宮沢賢治 著

人間界にもあることで、こうゆうことをしている人は、この御話を読んだらどのように感じるのだろう。たとえあからさまにしていなくても、意地悪をしたりするところが自分にもないか、多くの人が読んで我を省みてほしい。自分も含め。

猫の事務所
猫の事務所

人間椅子

めだかが産卵しはじめた。これから毎日卵の採取かな。今朝は一個。探したらもっとあるかもしれないけど。


人間椅子」 江戸川乱歩 著

奥様同様、手玉にとられ、あっぱれ。

人間椅子
人間椅子

昨日、ネットで欲しい本を注文した。
おなかと心がすっきりするという健康本。


「猫」 宮沢賢治 著

みにくいあひるのこが好きだったのかしらね。動物好きの賢治少年を想像する。

猫

おじいさんの家

牛乳の消費活動。プリン作り。
出来立ては茶碗蒸しのよう。ちょっと冷やしても美味しい。手作りのプリンは、特にプリンは手作りが優しい。


「おじいさんの家」 小川未明 著

兄弟が語り合った内容がとても麗しい。優しさに溢れている。

おじいさんの家
おじいさんの家